問い合わFastly 無料トライアル
フォロー&ご登録

エッジ

1月10日

Fastly CLI は、Fastly Fiddle作成された Fiddleテンプレートとして使用する Compute@Edge プロジェクトのブートストラップをサポートするようになりました。これにより、ユーザーは Fastly

1月5日

Cloud Deploy は、テンプレートのデプロイとカスタマイズによって Compute@Edge 上での構築を開始し、自動化されたデプロイメントワークフローと開発のベストプラクティスを設定するためのウィザードです。

12月20日

コンテンツを読者のより近くに配置することで、サーバースペースやインフラのメンテナンスに伴う従来のコストや制限を回避することができるほか、多くのメリットを得ることができます。今回は、エッジがデジタル出版にもたらすメリットについて詳しくご紹介します。

12月7日

このブログ記事では、オリジンのレスポンスから得た情報を使って、不正な IP アドレスをペナルティボックスに追加する方法について説明します。Fastly は、エッジで実現可能なセキュリティソリューションを推奨してきました。今回ご紹介するのはその一例です。

12月6日

数週間前Fastly競合企業の一つである Cloudflare が、自社のエッジコンピューティングプラットフォームは Compute@Edge比べて3倍も高速であると断言しました。この主張は明らかに間違ったものでしたが、事実とは異な印象を与えるために統計が利用されるリスクについて学ぶ良い機会でもありました。

11月11日

Fastlyサーバーレスコンピューティング環境 Compute@Edge活用することで、リソースに変更を加えて操作しようと試みる攻撃に対する悩みを解消するソリューションを実装できます。このブログ記事ではその方法を詳しくご紹介します。

11月8日

Fastly客様はずっと以前から Fiddle ツールを使用して、VCL記述したエッジロジックのアイディアを試してきました。昨年 Compute@Edge登場したのに伴い、WebAssemblyコンパイル可能なすべての言語を Fastlyエッジコンピューティングネットワークで使用できるようになりましたが、この度、Compute@Edge

11月2日

このチュートリアルでは、STDIO出力したメッセージを Fastly CLI使用して監視するための基本的な手順のほか、ログストリーミングエンドポイントの設定、アプリでのログ送信、正し送信先へのログ配信の確認方法などを紹介します。

11月1日

Compute@Edge がどなたでもご利用可能になりました。そこで、コミットメントなしでこのプラットフォームを試せる無料クレジットを提供しています。この記事では、実験を通じて Compute@Edge柔軟性、安全性、パワーを実感していただけるよう、簡単なステップを紹介します。

10月28日

現在実施中の期間限定トライアルキャンペーンでは、9か月間にわたって毎月10ドル分のエッジコンピューティングクレジットを利用して、Compute@Edge今すぐ構築を開始することができます。

10月27日

他のサーバーレスソリューションの100倍の実行速度に加え、比類のない分離技術によるセキュリティで知られる Compute@Edge が、この「The Forrester New Wave: Edge Development Platforms」レポートで「リーダー」に選出されました。

8月20日

Fastly先月、Compute@Edgeローカルテスト機能を公開しました。今回の記事では、テスト機能の仕組みについて実際のユースケースを交えてご紹介します。