問い合わFastly 無料トライアル

完全にコントロール可能な CDN

自由自在なキャッシュ

Fastlyエッジクラウドプラットフォームは、柔軟性に優れた APIよってすべて設定できるため、卓越したキャッシュのコントロールが可能です。

Fastly完全にコントロール可能な CDN では、イベントドリブン型のコンテンツも含めて、コンテンツを瞬時に変更できます。API設定を簡単に調整し、必要に応じて変更のロールバックも容易にできるため、プロフェッショナルサービスに頼る必要はもうありません。

迅速なコンテンツの変更

コンテンツがキャッシュされるプロセスを詳細に調整できます。独自にキャッシュのカスタムルールを作成して Fastly POPアップロードし、それらのルールをすぐに有効化/無効化できます。

API簡単にコントロール

フル機能を備えた API により、設定変更を容易に行うことができます。コンテンツの有効期限 (TTL)リセット、失効済み (キャッシュしてから TTL設定された時間が経過した) コンテンツの即時パージ、キャッシュのクリア、新機能の有効化など、これらすべてを API コールで実行できます。

ストレスなしのロールバック

Fastly では、すでに有効化されているバージョンのサービスがロックされるので、ロールバックを安全に実行できるほか、バージョン管理が可能です。

リアルタイムの可視性

エッジからストリーミングされるリアルタイムのログを通じて、トラフィックの傾向やパフォーマンス、潜在的な問題や脅威などをほぼ瞬時に把握できます

実用的なインサイト

ログ機能により、接続の問題のトラブルシューティング、パフォーマンスのチューニングが必要な設定項目の特定、サービスの障害における原因特定などに役立つ重要な情報を得ることができます

ログプロバイダーとの統合

ログファイルを瞬時に任意のログプロバイダーストリーミングし、リクエストまたはレスポンスのあらゆる側面を分析することで、問題の診断や、ユーザーが自社のアプリケーションをどのように使用しているかを把握することができます。

アジャイルな DevOpsサポート

アジャイル開発の努力がリリースキューに縛られて無駄になることはもうありません。リアルタイムの可視性と優れたコントロール性を備えた Fastly は、お客様の既存のワークフローにシームレスに統合できるため、新しソフトウェアや機能の強化を毎週、毎日、または1日に数回デプロイすることが可能になります。

ユースケース

ペイウォールのエッジ認証から A/B テストやエッジでのリダイレクトに至るまで、Fastlyプラットフォーム上で複雑なキャッシュ中心のモジュールを構築できます。また、以下を含む再利用可能なさまざまなモジュールも用意しています。

デバイス検出とジオロケーション

Fastly ではエンドユーザーのロケーションやデバイスの種類に基づいて、エッジから配信されるコンテンツを瞬時に調整できるため、よりパーソナライズされたレイテンシのエクスペリエンスを創出できます。

デバイス検出に関するドキュメントジオフェンシングの詳細

Edge Dictionary

Fastly ネットワーク上のあらゆるサーバーで、開発者はリアルタイムの決定を行うことができます。エッジで分散データベースとして機能する Edge Dictionary は、エンドユーザーを特定の国のサイトにリアルタイムでリダイレクトすることなどができます。

Developer Hub で詳細を見る

エッジ認証

アプリケーションにカスタムコードを追加してエッジでトークンの生成と認証を行うことで、ユーザーの IDオリジンで確認する場合に比べてコストとレイテンシを削減できます。

Developer Hub で詳細を見る

アクセス制御リスト

Fastly ではアクセス制御リストを作成し、不正な IP アドレスがサイトにアクセスしたり、自動化ツールを使用してサイトから情報をスクレイピングするのをブロックできます。

Developer Hub で詳細を見る