フォロー&ご登録

Fastly Security Research Team

Fastly セキュリティリサーチチーム
2月7日
WAF の管理では、ルールの動作をテストして検証できる必要があります。Fastly の WAF Simulator によって、安全なシミュレーション環境でルールを検証できます。
2023年12月14日
「サイバー5」の週末における脅威の状況をより広く理解するため、コマースサイトに焦点を当てながら攻撃アクティビティを分析しました。
2023年12月13日
Fastly は新たな WAF Simulator の提供を開始しました。本機能は検証プロセスを簡易化し、主に次のようなメリットを実現します。
2023年10月3日
Cacti のバージョン 1.2.24 以前に安全でない逆シリアル化の2つのインスタンスがあることを私たちは発見しました。この脆弱性は CVE-2023-30534 として知られています。
2023年8月3日
Fastly の脅威インテリジェンスレポート「ネットワークインテリジェンスに見る脅威レポート」では、2023年4月から6月にかけて収集された独自のデータに基づくインサイトを提供しています。
2022年10月19日
User-Agent Client Hints の仕組みや、プライバシーにかかわる機能や懸念、この新たな標準の限定的な採用や不完全な部分を利用して動作の不一致を特定する方法を紹介します。
2022年7月20日
TLS フィンガープリントは、サーバーインフラと通信しているクライアントをセキュリティの防御側が特定するツールとして、広く使われるようになりました。
2022年3月31日
このブログ記事では、Spring Cloud および Spring Framework に影響を及ぼす2種類の RCE の脆弱性について、さらに Fastly のお客様が実施できるこれらの脆弱性への対策について詳しくご紹介します。
2022年1月20日
オープン URL リダイレクトは、攻撃者による不正なリソースへのユーザーの誘導を容易にする Web アプリケーションのセキュリティ上の問題です。その仕組みと、阻止する方法について、いくつかの例を見ていきましょう。
2022年1月12日
GraphQL の導入には多くのメリットがありますが、セキュリティ上の課題についてはあまり知られていません。このブログ記事では、GraphQL のセキュリティ上の課題と、より安全な実装を可能にするデフォルトやコントロール設定についてご説明します。
2021年12月14日
本ブログ記事では、Log4j の Log4Shell 脆弱性 (CVE-2021-44228 + CVE-2021-45046) に関する最新のデータとインサイトを共有することで、エンジニアリングコミュニティがこの脆弱性を悪用した攻撃に対応できるようサポートします。また、最近新たに報告された多くの難読化した手法に対して環境をテストする際のガイダンスについてもご紹介します。
2021年12月14日
Our new WAF efficacy framework provides a standardized way to measure the effectiveness of a WAF’s detection capabilities through continuous verification and validation. Here’s how it works.

Fastly試してみませんか ?

アカウントを作成してすぐにご利用いただけます。また、いつでもお気軽にお問い合わせください。