問い合わFastly 無料トライアル

ブログ

フォロー&ご登録
Featured story

GraphQL導入には多くのメリットがありますが、それに伴うセキュリティの課題に関してはまだよく知られていません。今回は、GraphQLおけるセキュリティの問題を探るとともに、より安全な導入を可能にするデフォルトやコントロール設定を紹介します。

注目記事

もっと見る

こちらも覧ください

1月12日

GraphQL導入には多くのメリットがありますが、それに伴うセキュリティの課題に関してはまだよく知られていません。今回は、GraphQLおけるセキュリティの問題を探るとともに、より安全な導入を可能にするデフォルトやコントロール設定を紹介します。

1月10日

Fastly CLI は、Fastly Fiddle作成された Fiddleテンプレートとして使用する Compute@Edge プロジェクトのブートストラップをサポートするようになりました。これにより、ユーザーは Fastly

1月5日

Cloud Deploy は、テンプレートのデプロイとカスタマイズによって Compute@Edge 上での構築を開始し、自動化されたデプロイメントワークフローと開発のベストプラクティスを設定するためのウィザードです。

12月20日

コンテンツを読者のより近くに配置することで、サーバースペースやインフラのメンテナンスに伴う従来のコストや制限を回避することができるほか、多くのメリットを得ることができます。今回は、エッジがデジタル出版にもたらすメリットについて詳しくご紹介します。

12月15日

オリジンインスペクターは、オリジンサーバーから Fastlyエッジクラウドに配信されたレスポンスに対するリアルタイムおよび過去の可視性をもたらすデータセットおよび可視化機能をユーザーに提供します。現在、この機能を限定的に利用することができます。

12月10日

CVE-2021-44228 は、Apache Log4j ライブラリに存在するリモートコード実行 (RCE)脆弱性であり、これを利用した悪用が拡大しています。Fastly では、この悪用に関する見解と、その影響についてまとめました。

12月9日

Webインフラストラクチャとその上に構築されるアプリケーションは、今と未来のエンドユーザーの絶え間な変化するニーズに応えるため、常に進化し続ける必要があります。この記事では、今後30年間に開発者が Web進化を推進するのに役立つ5つの教訓をまとめました。

12月7日

このブログ記事では、オリジンのレスポンスから得た情報を使って、不正な IP アドレスをペナルティボックスに追加する方法について説明します。Fastly は、エッジで実現可能なセキュリティソリューションを推奨してきました。今回ご紹介するのはその一例です。

12月6日

数週間前Fastly競合企業の一つである Cloudflare が、自社のエッジコンピューティングプラットフォームは Compute@Edge比べて3倍も高速であると断言しました。この主張は明らかに間違ったものでしたが、事実とは異な印象を与えるために統計が利用されるリスクについて学ぶ良い機会でもありました。

12月3日

eコマース業界の商戦期であるサンクスギビングデーの木曜日からサイバーマンデーにかけてのトラフィック、購入、セキュリティの傾向を把握するため、この期間のトラフィックを分析しました。

12月1日

より安全でレジリエンス性の高い Web エクスペリエンスを効率的に実現するためには、セキュリティを念頭においたアプリケーションのデザイン、構築、実行に加え、過去30年間の Web歴史から得た教訓を踏まえたセキュリティ対策が重要です。

11月29日

顧客維持の鍵は、最新のコンテンツを瞬時に配信し、コンテンツを読者に合わせてパーソナライズして、レスポンシブで安全なオンラインエクスペリエンスを提供することにあります。この記事では、最先端のコンテンツ配信ネットワーク (CDN)活用例を3つご紹介します。