Nine

Nine テレビ、ラジオ、ストリーミング、デジタルに加え、従来の印刷媒体を扱う、オーストラリア最大の地域主体のメディア企業です。The Australian Financial Review、Married at First Sightストリーミングサービスの Stan など、視聴者や読者はニュース、スポーツ、ライフスタイル、エンターテイメントの分野で Nine 信頼を寄せています。

変化の激しメディアを扱う Nine デジタルとストリーミングのポートフォリオには、様々な技術的ニーズとエンジニアリングの課題あります。Fastly デジタル出版機能は、Nine が1,200万人以上の読者に向けて印刷媒体やデジタルプラットフォームを通じてタイムリーなメディア配信を行う上で重要な役割を果たしています。

Nine
業種 : メディア
本拠地 : オーストラリアシドニー
利用開始 : 2017

主な利用機能
CDN
Terraform 統合
失効済みコンテンツの配信
Infrastructure as Code

Fastly パートナーシップにより、ミリ秒でのメディア更新を実現、購読者数も50%以上増加

================================================

Nine をはじめとする現在のメディア企業は、急増するメディアニーズに応えるべく、デジタルトランスフォーメーションを進めています。

世界一流のパブリッシャーにとって、スピード性は最も重大な課題です。メディア配信のスピードが速ければ速いほど、より高いコンバージョン率や広告収入、そしてより多くの読者を得ることが可能です。リアルタイムのニュースから安定したストリーミングまで、最新のコンテンツを誰よりも早くユーザーに届けることが、Nine ミッションです。メディア業界で一位の座を維持するには、セキュア、強力、そしてプログラム可能な CDN 加え、革新的なエンジニアリングに向けて協力しあえる IT パートナーが必要です。

Fastly エッジクラウドプラットフォームは、設定の即時コントロール、失効済みコンテンツの配信、オリジンシールドなどの機能で Nine 迅速なパブリッシングを支えています。また、2020年初頭以来50%急増を遂げたユーザーとサブスクライバー数に対応する迅速なスケールアップもサポートしています。

スピードがコンテンツを評価する重要な基準となる中、コストやパフォーマンスに大きな影響を与えることな高速なコンテンツ配信は、パブリッシャーにとって最大の課題です。そのためには、適切なパートナーとの革新的なエンジニアリングアプローチが欠かせません。

「結局のところ、ユーザーが読みたい、関わりたいと思うコンテンツのページを、サイトを読み込んだりクリックした時点でいかに早く提供できるかが最も重要な課題です。Fastly 最新か正確なコンテンツをタイムリーに提供するという、Nine のの核心を支えています」 Damian Cronan
Chief Information & Technology Officer

アジャイルを重視する早期導入者

従来型 CDN 幅広く使用されているメディア業界において、よりスピーディな配信により他社と差別化を図ることができると、Nine 前々から認識していました。エンジニアリングに重点を置く Nine Fastly オーストラリア市場に参上する前から、ソースコード管理を可能にするため、従来型 CDN 見直しを始めていました。

俊敏性がすべてであるパブリッシング業界では、短期間で問題を解決する能力が必要です。コードにアクセスすることができなければ、変更サイクルのテストや反復、管理が困難になります。Nine 独自の最先端 CI/CD アプローチに適した CDN 必要としていました。ソースコードを通じて構成管理を行うことで、信頼性と柔軟性のある迅速な変更サイクルの実現を求めていた Nine にとってFastly はぴったりのソリューションでした。

Fastly 切り替えることによって、Nine は Fastly の Terraform 統合使用し、インフラストラクチャをコードとして扱うことが可能になりました。それによって、手動のプロセスではなく、コードを通じてインフラの管理やプロビジョニングを行えるようになりました。インフラストラクチャをコードとして扱うことによって、1秒以内の設定変更が可能になったことは、Nine 出版速度に多大なメリットもたらしました。

「スケーラブルな出版システムは購入できるものではありません。そのため、Nine ではエンジニアリングが特に重視されています。Nine エンジニアは、自分たちのワークフローを支えてくれるツールを求めていましたが、Fastly エンジニアリングを意識した方針や、エンジニアリングマネジメントチームとの直接の対話により、Fastly ツールな安心であると確信しました」 Damian Cronan
Chief Information & Technology Officer

メディア企業に不可欠な機能

高速な読み込み時間とコンテンツの柔軟なコントロール不可欠とする Nine 設定変更を瞬時に行うことができない従来型 CDN 変わソリューションを必要としていました。

Nine トップ記事が毎日変わメディアは遅延読み込みで対応し、コンテンツの有効期限が短いホームページには TTL を30秒以下に設定しています。Nine にとって新し情報をスピーディか確実に公開すると同時ニュースや情報を柔軟に編集削除できる機能が不可欠でした。

Fastly 機能で快適なメディア体験を実現

Nine は、Fastly 幅広い機能の導入により、エンドユーザーにより高速なメディア体験の提供を実現しています。メディア消費において、ユーザーの集中力は長く持ちません。Nine 調査では、ページの読み込みに1秒以上かかってしまうとページの離脱率が一気に増加することが分かっています。

Fastly エッジクラウドプラットフォームを使用したデジタル出版では、ユーザーに対するページのレンダリングを素早く行うことができます。ページの主要要素を先に表示することで、リアルタイムのコンテンツを配信するために貴重な時間を稼ぐことができます。

移り変わりの早いコンテンツを扱う場合、失効済みコンテンツの配信が非常に重要です。Nine オリジンサーバーがダウンしたり、動作が遅くなったりした場合、Fastly キャッシュからユーザーにコンテンツを提供することができます。若干古いコンテンツであっても、この配信機能によってシームレスなユーザーエクスペリエンスを維持できるほか、オリジンのトラフィックが削減されることによって稼働率も向上します。

また Fastly オリジンシールドを使用することによって、Nine トラフィックスパイクを発生源近くの中間層の配信拠点 (POP) 経由するように指定することができます。オーストラリアなどの地理的に分散している国では、Fastly オリジンシールドを使用することでインフラコストを削減し、稼働率の信頼性を高め、より高速な体験を実現することができます。さらに、短い TTL キャッシュヒット (CHR) を85%保つことができます。

柔軟性に富んだプログラミング機能

VCL 使ってユースケースや条件をスクリプト化したり、2つのバックエンドサービスを1つのフロントエンドサービスに結合するなど、Nine エンジニアは、Fastly 柔軟性に満足しています。Web サイト内の一部を別のサービスで配信する必要がある場合でも、柔軟性のあるコードであれば、比較的容易にテスト、検証、デプロイを行うことができます。

IP 保護対策としてのログ機能

Nine サンプルデータだけでなく、すべてのデータをログしています。そのため、セキュリティや IP 対する脅威が発生した場合、Nine サイト全体の行動を把握し、セキュリティツールやダウンストリームサービスを供給することによって IP 収益を保護することができます。悪質なサービスがペイウォールの裏から記事をスクレイピングし、IP ベースのブロックを回避した場合でも、Nine ログラインを追跡し、攻撃者が使用しているすべての IP 特定し、ブロックすることができます。

エッジでの速度テストに適した強力なプロダクト

市場をリードするパフォーマンスを推進するエンジニアリングパートナーシップと、簡単なセットアップと強力なコア製品を提供する Fastly に、Nine 投資を続けています。

Nine にとってスピードは非常に重要な課題であるため、エッジコンピューティングを通じてより多くのロジックをネットワークのエッジにプッシュすることでより高速な体験を実現しています。Nine にとって Fastly エッジでの WebAssembly マーケットリーダーであり、特にレイテンシなエッジコンピューティング関連のユースケースに注目しています。

「Fastly キャッシュ管理機能により、Nine トップ記事が最新か正確なものであることが確信できるほか、法律的な理由やニュースの進展によってコンテンツを削除することができます。また Fastly Nine オリジンを保護し、突発的なイベント発生時のトラフィックにも対応してくれます。それをエッジのコールドコンテンツなしに行ってくれるツールは、メディア企業にとって不可欠です」 Damian Cronan
Chief Information & Technology Officer
「Fastly への移行は Nine にとって全てをリセットする絶好の機会でした。白紙の状態からパブリッシングプラットフォームを、しっか管理ドキュメント化された CICD パイプラインへと再構築することができました」 Damian Cronan 氏
Chief Information & Technology Officer