ユースケース

ComputerEdge無限の可能性を秘めた構築を実現

Fastlyサーバーレスコンピューティング環境は、高速か安全なグローバルコンピューティングを実現するために設計されているので、エンドユーザーや企業の収益にプラスの効果をもたらすエクスペリエンスを構築できます。Compute@Edge利用することで、イノベーションとミッションクリティカルな活用の可能性が無限に広がります。

エッジでサーバーレスに移行することで、さまざまなメリットが得られます。Developer Hub で、開発者向けツールや豊富なドキュメント、重要なアセットなどにアクセスし、Fastly最新技術を実践的に体験することで、ユースケースにすぐに取り組むことができます。

「Fastly力を注ぐ Compute@Edgeアップローチによって、サーバーレスコンピューティングの可能性を実現できます。これに Fastlyエンジニアによるカスタマーサービスが加わることで、Fastly他社とは一線を画す素晴らしいパートナーとして、当社の読者や視聴者に優れたデジタルエクスペリエンスを提供してくれます」
Pablo Mercado
CTO

ユースケース

コンテンツステッチ

Compute@Edge使用してステッチレイヤーを実装し、リクエストごとに複数のシステムからコンテンツを取得して結合させることで、オリジンへのリクエスト数を削減できます。Compute@Edge利用は、読み込み時間の短縮、オリジンへのトラフィックの軽減、インフラコストの削減につながります。

useCase-contentStitching

A/B テスト

アプリケーションロジックをエッジに移行することで、オリジンへのリクエスト数を削減しながら A/B テストを加速させることができます。新しテストをより迅速にプッシュし、必要に応じて調整できるため、エンドユーザーのエクスペリエンスも向上します。

ab-testing

ウェイティングルームトークン

サイトへの日常的なトラフィックの急増に対応できます。Compute @Edge使用して、エッジでユーザーにウェイティングルームトークンを割り当てることで、オリジンへのリクエストを最小限に抑え、カスタマーエクスペリエンスを向上できます。また、顧客からのトラフィックを管理するワークフローをエッジに移行してアーキテクチャを簡素化し、侵入してくるボットによるトラフィックをフィルタリングできるというメリットもあります。

useCase-waitingRoomTokens

APIパフォーマンスを強化

Fastly では、GraphQL をはじめとする最先端の API クエリ向け言語のメリットを活用できます。複数の URL からの読み込みが必要な典型的な REST API コールとは異なり、GraphQL API ではアプリケーションが必要とするすべてのデータを一度のリクエストで取得できます。Compute@Edge では、必要なあらゆる情報を Fastlyエッジにキャッシュし、個々の GraphQL リクエストに応じて迅速に提供できるため、ユーザーエクスペリエンスの向上と、より魅力的なアプリケーションエクスペリエンスを実現できます。

useCase-enhancedAPIperformance

認証

固有のトークンを作成し、特定のユーザーに割り当てることで、さまざまな認証レベルでアクセスを許可できるようになります。また Compute@Edge により、コンテンツをステッチしてユーザーに配信できます。固有のユーザートークンはエッジで作成検証されるため、オリジンへのリクエストとインフラコストを削減しながら、パーソナライズされたエクスペリエンスの提供を高速化することができます。

useCase-authentication

オリジンのヘルスチェック

サイトを訪問するユーザーに、メディアコンテンツやその他のコンテンツを提供する企業が増えています。エッジでこれらのリクエストを処理することで、プレイバックを中断させることなく迅速にビデオを配信できます。複数のオリジンが存在する複雑な環境でも、Compute@Edge使用してエッジのマイクロサービスでオリジンの健全性をモニタリングすることで、最初のフレームを迅速に配信し、視聴者に中断のない快適なエクスペリエンスを確実に提供することができます。

useCase-originHealthChecks

ターゲティング広告

パフォーマンスを犠牲にすることなく、顧客によりパーソナライズされた視聴体験を提供できます。ビデオファイルに広告をつな合わせるなど、Compute@Edge使用してユーザー特有のコンテンツをステッチすることで、よりパーソナライズされたエクスペリエンスを創出し、読み込み時間を短縮できるだけでなく、インフラコストも削減できます。さらにリアルタイムのログ機能を利用して、広告を視聴しているユーザーに関する可視性も得られます。

useCase-adTargeting

こちらも覧ください

ブログ

最先端の CDNエッジファーストの配信による、真に動的なコンテンツの提供

ブログ

Compute@Edge Log Tailing 機能で可観測性の向上とデバッグの容易化を実現

エッジのパワーをぜひ実感してください

お申し込みはこちら