オリジンからエッジへのトラフィックを詳細に可視化

オリジンサーバーから配信されたレスポンスのメトリクスを活用

自社の配信ネットワークにコンテンツ配信ネットワーク (CDN) を統合することで、パフォーマンスとスピードを飛躍的に向上させることができます。しかし、そのためにオリジンのパフォーマンスに対する可視性が損なわれることがあってはなりません。Origin Inspector によって、複雑なオリジンのデータパイプラインや可視性の欠如といった問題を解決できます。

Fastly Origin Inspector

リアルタイムデータと履歴データでオリジンを可視化

オリジンサーバーと Fastly のエッジクラウドネットワーク間で配信されたレスポンスに関するリアルタイムメトリクスと履歴メトリクスの両方に直接アクセスできるので、サードパーティのデータ収集ツールにログデータを送信する必要がなくなります。

レスポンス数やバイト数、ステータスコードなど、さまざまなメトリクスがデータセットや視覚化機能を通じて表示され、オリジンのパフォーマンスをあらゆる側面から簡単にモニタリングできます。

パフォーマンスの指標となるオリジンの詳細なメトリクス

Origin Inspector を通じて詳細なメトリクスにアクセスすることで、オリジンインフラストラクチャのパフォーマンスとデータ送信コストの節約を数値化できます。例えば、キャッシュヒット率 (CHR) が向上した場合、多くのリクエストに対してキャッシュからコンテンツがより効率的に配信されていることを意味し、パフォーマンスの改善とオリジンサーバーの負荷軽減につながります。

データに基づくアクション

最新のリアルタイムメトリクスと履歴メトリクスを活用し、オリジンサーバーの状態をまず確認してパフォーマンス問題の発生場所を絞り込み、エラーを解決することができます。また、改善の余地がある場所の特定や、データ駆動型の CI/CD の実現に役立つ重要なインサイトの収集が可能になります。

データ収集を簡素化して複雑性と手間を軽減

Fastly のアプリケーションからオリジンのトラフィックメトリクスとその他のパフォーマンスベンチマークに直接アクセスできるので、チーム間で一貫性のあるデータの確認が可能になり、問題解決を合理化できます。外部のデータストレージや分析ツールに時間やコストをかけることなく、Fastly アプリケーション内でオリジンと Fastly エッジ間の送信トラフィックを簡単にモニタリングすることができます。

機能

ブラックボックスからデータを解放

ドメインやサービスレベルの詳細なデータと一緒に、アプリケーション内でキャッシュヒット率、オリジンの負荷軽減や健全性などのパフォーマンス指標にアクセスし、オリジンの状態を簡単に把握できます。 

他のソリューションでは、オリジンのデータを収集するのに通常サードパーティのツールが必要になります。Origin Inspector によって、オリジンのトラフィックトレンドと詳細なデータポイントを可視化し、他のメトリクスや統計データと相関させることも可能になります。

視覚化機能のデフォルト表示とカスタマイズ

プリセットされたシステムダッシュボードまたはユースケースに合わせてカスタマイズされたダッシュボードを通じて、豊かなインサイトを提供するメトリクスを共有できます。必要なデータに正確にアクセスできるだけでなく、他のチームも同じデータセットを使用しているという確信が得られます。

サーバーレスコンピューティング環境で Origin Inspector活用

Fastly のネットワークサービスで利用可能なオリジントラフィックのメトリクスはすべて、Compute で構築・実行されるサーバーレスプログラムでもご利用いただけます。

参考リソース

Fastly試してみませんか?

無料トライアル/お問い合わせはこちら