オリジンインスペクター

エッジからオリジンまでの可視性を簡単に実現

Enable today

パフォーマンスとスピードの向上の実現には、配信ネットワークへの CDN 導入が不可欠です。しかしこれは、オリジンのパフォーマンスに対する可視性が損なわれることを必ずしも意味しません。オリジンインスペクターがあれば、複雑なオリジンのデータパイプラインや可視性の欠如に悩まされる必要はもうありません。

オリジンインスペクター

オリジンインスペクターが提供する視覚化機能とデータストリームを通じて、オリジンサーバーから Fastlyエッジクラウドに送信されるレスポンスに関するリアルタイムデータと履歴データに簡単にアクセスできます。オリジンのレスポンス、バイト数、ステータスコードなどを簡単にモニタリングできるので、サードパーティのデータ収集ツールが不要になります。

細部にわたる可視性を得て、オリジンの高可用性を実現

オリジンからエッジに送信されるレスポンスを把握できるため、オリジンの動作に変化があった場合にリアルタイムで報告して対応することができます。

テンプレート化あるいはカスタマイズされた可視化機能で、データパイプラインを簡素化

複雑なデータパイプラインをセットアップする必要がなく、Fastlyコントロールパネル内で送信データのモニタリングとレポートが可能です。

リアルタイムデータと履歴データでパフォーマンスを向上

リアルタイムデータと履歴データの両方にアクセスできるので、エラーのトラブルシューティングやオリジンのパフォーマンス改善に役立てられるほか、優れた可観測性を得ることで開発を加速させることができます。

Fastlyオリジンシールドよるコスト削減を検証

オリジンのインフラコストとデータ送信コストの節約を数値化することで、よりデータに基づいたビジネス決定を行うことが可能になります。

オリジンインスペクターの詳細

プロダクトの機能やアクセス方法、価格設定に関する詳細は、オリジンインスペクター FAQ覧ください。

オリジンインスペクター FAQ

オリジンインスペクターで以下を実現

  • オリジンに関わ予期せぬ問題をプロアクティブにモニタリングして迅速に対応できます。

  • 重要なイベント日やライブイベント中にオリジンへのトラフィックに対するエンドツーエンドの可視性が得られます。 

  • オリジンのレスポンス、バイト数、ステータスコード、レイテンシを把握することで、オリジンで発生したエラーや障害に対して迅速にトラブルシューティングを行えます。

  • 特にオリジンシールドを使用した場合にオリジンのインフラコストとデータ送信コストをどれくらい削減できるかを数値化できます。

Enable today