Yottaa


Yottaa は、企業のオンライン販売 Web サイトを最適化するために設計された SaaS プラットフォームで、より高速で優れたオンラインショッピング体験を企業が実現できるようサポートします。同プラットフォームのツールスイートにより、細部にわたる最適化と分析を行い、リテーラーは Web サイトをより細かく調整することができます。Carter’s、Ralph Lauren、Lenovo、GNC をはじめとする世界のトップクラスのブランドが Yottaa で Web サイトを運営しています。Fastly は、Yottaa が一貫して高品質なユーザーエクスペリエンスを提供することで、顧客サイトのコンバージョン率がアップし、買い物客の関心を高められるようサポートしています。

yottaa.com

業界 : ハイテク

本拠地 : マサチューセッツ州、ウォルサム

利用開始 : 2019年


主な利用機能



  • Fastly API

  • インスタントパージ

  • マルチ CDN

  • リアルタイムログ

Yottaa + Fastly = 企業のオンライン販売ブランド向けに優れたパフォーマンスを実現


Yottaa の成功の秘訣は、ブラウザのエクスペリエンスを最適化する能力にあります。同社のプラットフォームは、サードパーティのサービスの読み込みをシーケンス処理および管理し、機械学習機能を使用して Web サイトの動的コンテンツの配信プロセスを改善します。また、Yottaa はパフォーマンス、トラフィック、サイトエラーに関する大量のデータを収集し、これらのデータを基に継続的に機械学習を行うことでサイトの最適化を強化すると同時に、包括的な分析を顧客に提供することができます。


マルチ CDN アーキテクチャでのエッジコンピューティング


Yottaa はマルチ CDN アーキテクチャの一部として2019年初頭に Fastly を導入しました。同社は各 CDN に対してパフォーマンステストを絶えず実行し、通常の運用の一環として、お客様を異なるプロバイダーに切り替えています。Fastly への移行後、パフォーマンスが顕著に向上したことから、Yottaa は Fastly にますます多くのトラフィックをシフトし始めました。


Fastly の edge compute technology は、Yottaa のプラットフォームと緊密に統合されています。Fastly の使用により、買い物客が求めるスピードと品質のエクスペリエンスをできるため、Yottaa はコアサービスを補完する重要なパートナーとして Fastly を認識しています。Fastly との統合により、Yottaa のエンジニアは Fastly API だけでなく、Fastly のキャッシュ管理とデータキャプチャ機能にもアクセスできます。

企業のビジネスメトリクスの向上


Yottaa を利用することで企業はサイトの高速化と優れたオンラインエクスペリエンスを実現し、コンバージョン率の向上につなげることができます。企業はブラウザ内のあらゆるデジタルアセットをコントロールできるだけでなく、Yottaa プラットフォームはすべてのデバイス、ブラウザ、ネットワークにおける顧客の Web サイトとそのページの読み込みに関するデータをモニタリングします。さらに、異常を検出する AI 技術でリアルタイムに問題を特定し、プラットフォームが問題発生時にそれを解決します。


多くのリテーラーは、祝日や業界固有の繁忙期など、毎年特定の時期にトラフィックスパイクが発生することを認識しています。Fastly の edge cloud network を活用してネットワークエッジでコンテンツをキャッシュして配信することで、Yottaa はピーク時でも目標とするメトリクスをより簡単に維持できます。これによりボトルネックやエラーを防ぎ、トラフィック量に関係なく、一貫性のあるスムーズなエクスペリエンスを買い物客に提供することができます。Fastly を採用して以来、Yottaa の顧客 Web サイトのページ読み込み時間が劇的に改善されました。




「Fastly を利用することで、お客様のページの読み込み時間が他の CDN ソリューションと比較して最大450ミリ秒速くなりました」

Rich Stendardo 氏


CEO

Yottaa インフラストラクチャのメトリクスを向上


Yottaa はお客様のメトリクスに加え、リクエストスループット、データ転送量、キャッシュヒット率など、自社のインフラストラクチャのパフォーマンスもモニタリングしています。これにより、コストコントロールを強化し、パートナーのサービスをより効果的に活用する方法を見つけることができます。Fastly は Yottaa のプラットフォームを最適化し、以下の重要なエリアの改善に貢献しています。



  • 圧縮 : Fastly堅牢な圧縮機能により、Yottaaアセットの規模を拡大し、ネットワーク全体の配信プロセスを改善しました。

  • キャッシュのクリア : 顧客が新しい商品の追加やプロモーションのためにサイトを更新する際、Fastlyキャッシュを瞬時にクリアできるようになりました。

  • キャッシュヒット : トラフィックを Fastly切り替えたところ、Yottaaキャッシュヒット率が70 %から90 %以上に向上しました。








「Fastly のインスタントパージ機能のおかげで、お客様は新しいコンテンツを Web サイトに可能な限り早く表示できるようになりました」

Michael Maberry 氏


Vice President of Operations

ストリーミングログによるリアルタイムの可視性


Yottaa のパフォーマンスデータへのパスはシンプルです。同社のプラットフォームは Kafka エンドポイントを使用してデータを取り込み、Elasticsearch クラスターを介してそれを処理し、UI で視覚化して簡単にクエリを実行できます。さらに Fastly の real-time log streaming features を使用することでプラットフォームのパフォーマンスをより詳細に可視化できるため、Yottaa はデータに基づいた決定を迅速に行うことができます。


エッジで問題が発生した場合、Fastly のリアルタイムアラートとシグナリング機能により、Yottaa のカスタマーサポートチームは迅速にトラブルシューティングを行うことができます。また履歴ログを通じて、パフォーマンスの傾向と最適化の機会について理解を深めることができます。「Yottaa のプラットフォームと Fastly では、どちらのトラフィック処理量が多いか」、「コンテンツキャッシュは適切に行われているか」など、このようなインサイトを得ることで、Yottaa のカスタマーサポートチームは効果的にスケーリングしてトラフィックの急増や顧客の増加に対応できます。








「Fastly の使いやすいダッシュボードによって、エラーや問題のある個々のリクエストをすばやく確認できます。これは、お客様のオンボーディングの際に非常に役立ちます」

Ben Trafton 氏


Vice President of Client Services

エッジで継続的に改善


Yottaa は通常の運用にとどまらず、Fastly のエッジコンピューティング機能を活用して顧客のエクスペリエンスや技術的なメトリクスを改善する方法を模索しています。たとえば、JavaScript ライブラリなどの静的コンテンツをフォワードキャッシュすることで、レスポンス時間とキャッシュヒット率をさらに向上させることができます。また、パフォーマンスデータを共有することで、分析に関する顧客とのコラボレーションを強化できます。Fastly との統合と円滑な運用により、Yottaa はそのコアバリューをさらに eコマース企業や買い物客に拡大することができます。




「Fastly をデプロイしたことで、リテーラーは Web サイトの最適化に必要なツールをすべて利用できるようになり、すぐにそのメリットを実感することができました。」

Rich Stendardo 氏


CEO