ロードバランサー

ルーティングをきめ細かコントロール

お問い合わせ

Fastlyレイヤー7 ロードバランサーの使用により、瞬時のコンバージェンスとフェイルオーバーを確保しつつ、コンテンツに応じたルーティングの決定を定義できます。DNS ベースのソリューションとは異なり、Fastlyロードバランサーを使用することで、きめ細かコントロール、迅速なスケールアップ、リアルタイムの可視化が可能になります。

メリット

コンテンツ対応ルーティング

Fastlyコンテンツ対応ルーティング機能により、きめ細かルーティング条件に基づいて HTTP/HTTPS リクエストをバランスよく振り分けることができます。また、カスタムルールを作成し、多様なリクエスト要素に基づいてトラフィックをルーティングすることも可能です。これによりアプリケーションアーキテクチャをより柔軟にサポートし、配信前にクライアントへのレスポンスを最適化できます。

柔軟な設定

Fastly動的サーバー機能により、プログラムでサーバーを追加、削除、変更できます。また、インスタントコンバージェンスによって DNS レコードの有効期限 (TTL)変更を待つ必要がなくなるほか、HTTP ベースのヘルスチェックを自動的に行い、正常で応答性の高いサーバーにのみリクエストをルーティングすることも可能です。

柔軟でスケーラブル

データセンター内またはクラウドリージョン内で、Fastlyグローバルサーバーロードバランサー (GSLB) またはローカルサーバーロードバランサー (LSBS) として使用することができます。コスト効率と透明性に優れた Fastlyロードバランサーは、瞬時にテラビット/ (Tbps)スケーリングすることが可能です。

こちらも覧ください

データシート

Fastly ロードバランサーデータシート

ケーススタディ

Gannett + Fastly ケーススタディ

Gannet が、DNS ベースのロードバランサーではなく、Fastlyロードバランサーを選んだ理由を紹介します。

Fastly試してみませんか?

まずはセールスチームにご相談ください