Gannett

Gannett は、全国紙の USA Today300種類近くの地方紙を発行する米国最大手の新聞社です。米国全土および地方レベルで比類のない読者数を誇る同社は、15,000万人以上のユーザーの生活の一部として、ピューリッツァー賞を受賞したコンテンツや優れた消費者エクスペリエンス、その他のさまざまなメリットを提供しています。

業種 : メディア出版
所在地 : 米国バージニアタイソンズコーナー
利用開始 : 2017

主な利用機能
瞬時のデプロイ
ロードバランシング
イメージオプティマイザー
WAF

統合技術
SumoLogic
BigQuery

ミリ秒の重み

ニュースが発表されると、Google SEO 順位決定システムは通常、最初に公開されたストーリーを追跡し、それを検索結果の最上位にプッシュします。Gannett にとって、ニュースを最初に公開することは、自社サイトのトラフィックの動向を決定する重要な要因であり、常に最新のコンテンツを提供することがビジネスの成功に欠かせません。

Gannett2017年まで、他社のソリューションを使用してコンテンツ配信のニーズに対応していました。そのソリューションは、コンテンツのパージに有効期限 (TTL) ベースのメソッドを使用していたため、ひとつのコンテンツをプッシュしてサイトに反映させるまでに45秒から90秒の時間を要しました。この間に他社が同じニュースを先に発表する可能性が十分にありました。そこで Gannett Fastlyエッジクラウドプラットフォーム移行し、インスタントパージ機能を備えた瞬時に公開可能なプラットフォームを構築した結果、一貫して最速でニュースを公開できるようになりました。これにより Gannett は、コンテンツを平均150ミリ秒の速さグローバルにプッシュできるようになりました。* ほぼリアルタイムでのコンテンツ配信が可能となった Gannett は、プロパティ全体でトラフィックとエンゲージメントが増加しました。また、Fastlyプラットフォームでは、オリジンサーバーにリクエストを送信する前にまずキャッシュ内でコンテンツを探します。これにより、Gannett送信コストを35 %削減することができました。

「わずか0.2秒で Fastly プラットフォーム全体でコンテンツを無効化でき、4 - 5秒でネットワーク全体に設定をプッシュできます。インスタントパージ機能が私たちのプロセスにどれほど大きな変革をもたらしたか、言葉では言い表せません」 Erik Bursch
Product Technology、VP

エンゲージメント率が増加したことで、毎日発生するニュース速報が膨大なトラフィックスパイクを引き起こし、それを処理する必要がありました。以前 Gannett は、DNS 層でのロードバランシング依存していました。これは、オリジンでリソースを過剰にプロビジョニングする必要があり、チームが必要とするきめ細かコントロールや可視性を得ることができませんでした。そこで Fastly導入した Gannettエンジニアチームは Edge DictionaryVCL スニペットバックエンドヘルスチェック機能を活用して、自社でロードバランシングのカスタムソリューションを構築しました。このシステムにより、チームは50/50の分割で Gannettすべてのバックエンドへのリクエストの負荷を分散、あるいは CI/CD パイプラインと Fastly API介してバランスのウェイトを0から100まで即時に変更できるようになりました。その結果、Gannett DNS レコードの有効期限 (TTL)変更を待ったり、最大限のトラフィックを処理するために不要なリソースを消費する必要がなくなり、必要に応じて各地域間のトラフィックフローをコントロールできるようになりました。

「私たちは Fastly 心から信頼しているので、ニュース速報の配信時にトラフィックスパイクが発生しても、安心して任せることができます。Fastly 大丈夫かな?』なんて心配する必要はありません」 Ron Lipke Site Reliability Engineering、Manager

いくらコンテンツを迅速に発信できて、その結果として発生するトラフィックを処理できるインフラストラクチャを備えていても、ヘッドラインが素早く読み込まれなければ、まったく意味がありません。スピードとパフォーマンスに関するユーザーの期待十分に理解している Gannett は、Fastly超高性能グローバルネットワーク活用し、自信を持って卓越したエクスペリエンスの構築に取り組んでいます。2020年初め、USA Today米国の大手ニュースサイトすべてを対象に実施された SpeedCurveよる表示スピードテスト最速サイトにランクされました。同社サイトは、最も大きなコンテンツ要素がビューポートに表示されるまでにかかった時間を示す LCP (最大コンテンツの描画)0.48秒で、Web ページの可視領域内のすべての要素を完全に読み込むのに要した時間は4秒未満でした。**

*20191231日時点
2020610日時点

開発者の手にパワーを

Fastly移行する前、Gannett開発者は設定変更をデプロイしたあと、コンテンツ配信プロバイダーのネットワーク全体にその設定変更が反映されるのを待つ必要がありました。また、Gannettチームが自ら設定変更を行うためのアクセス権を持たず、プラバイダーを通さなければ設定を変更できない場合もありました。変更をステージング環境へデプロイするのに30分、その変更を本番環境へ移行する準備が整ったあと、デプロイしてサイトに反映されるまでにさらに30 - 40分かかりました。最低でも60分というこのターンアラウンドタイムは、設定変更の修正、ロールバック、デバッグが必要な場合は、さらに長くなりました。

そこで Gannett Fastly導入し、自社の開発者が自社の設定に直接アクセスし、コントロールできるようになりました。今ではわずか5秒以内で、設定変更を実行し反映できるようになりました。これは以前のプラットフォームに比べて98.86 %の改善を意味しています。このように権限が拡大したことで、Gannett開発チームは以下を行えるようになりました。

  • 独自のインタラクションを作成 : VCL、Edge Dictionary、スニペット、ACL活用し、より高度なコントロールと機能性を実現しました。

  • ワークフローの合理化 : チームはそれぞれコード変更をプッシュできるので、同じタイミングで独自のコード変更を行っている他のチームによってボトルネックが引き起こされる心配がなくなりました。

  • セルフサービスの実践 : Fastly API Terraform使用して独自の Edge Dictionary管理し、VCL スニペットによりエッジでリダイレクトを管理できるようになりました。

「Fastly 活用することで、当社のチームは単に一部の機能や設定のサブセットだけではなく、完全に自動化された方法ですべての設定を管理できるようになりました」 Erik Bursch Product Technology、VP

国民が最も必要なときに地域支援のためのソリューションを構築

新型コロナウイルス感染症 (COVID-19)パンデミック初期に、Gannettsupportlocal.usatoday.comいうサイトを立ち上げました。このサイトは、ビジターがお気に入りの地元のレストランやショップのギフトカードを購入し、後日それらを使用できるというもので、米国全土の中小企業への現金流入を促すことを目的としていました。

Gannett開発者チームは48時間以内にこのサイトを立ち上げることができました。Fastly では基本となるサービスのひな形を作成し、それを基にプロダクトを構築できることが大きく貢献しました。この効率的なモデルでは、毎回一からサービスを構築したり、大急ぎで他のプロダクトのパーツをかきあつめてサービスを構築する必要がありません。

サイトを公開してからわずか数日で1日あたり9万以上のページビューを記録し、5,000社を超える中小企業が参加登録を行い、その数は増加し続けています。

「Fastly 導入することで確固としたメディアプレゼンスを確立し、利用者の声を代弁できるようになりました」 Erik Bursch
Product Technology、VP

大規模な革新を自由に実現できるツール

Gannett開発チームは、常に自社のサイトやアプリを改善する方法について考えをめぐらせています。そのため、Fastly頻繁に市場に投入する新機能をベータテストする機会を心待ちにしています。他社に先駆けてエッジクラウドプラットフォームを採用した Gannett は、Fastly TLS WAF API をはじめ、デバイス検出などさまざまな機能を最初に取り入れた企業のひとつです。Fastlyサーバーレスコンピューティング環境の Compute@Edge は、Gannett開発チームにとって次の開拓分野であり、その可能性に胸を躍らせています。

Gannettまた、エッジでより迅速に画像を変換し、配信することを可能にする Fastly画像最適化サービス、イメージオプティマイザー (IO)いち早く導入しました。Gannett IO採用する前、同じ画像につき複数のクロップ画像やバージョンを作成して物理的に保管し、それらを以前のコンテンツ配信ネットワークで配信していました。画像をクロップする際は、その変更が Gannettコンテンツ管理システム (CMS)サポートされているかどうか、また変更値が API 層を介してエンドユーザー側に反映されるかどうかを気にする必要がありました。

そこで、この問題を解決するために Fastly IO採用した結果、Gannettエッジに1つのアセットを保管するだけで、事前に定義された最適なクロップ率の画像を同社の複数の出版物のサイトに配信できるようになりました。結果として、コストの大幅削減とユーザーエクスペリエンスの高速化につながりました。

さらに Gannett は、広告収入源の要であるビデオの処理も Fastly移行しました。これにより、開発チームはビデオの品質を自らコントロールし、単一の場所からさまざまなタイプのビデオコンテンツをエンドユーザーに配信できるようになりました。

Fastly 経由でメディアアセットを配信することにより、Gannett はさらなる効率化を進め、大幅なコスト削減を実現し、業界で最高レベルのパフォーマンスを発揮するニュースプラットフォームへと成長しました。

開発者には完全に見えて、ユーザーには全く見えないセキュリティ

Gannett組織的なデジタルトランスフォーメーションの取り組みの一環として、オンラインセキュリティをエッジへ移行することに決めました。同社の開発チームはすでにコンテンツ配信に Fastly使用していたため、Gannettデジタルプロパティを保護するのに Fastly Web アプリケーションファイアウォール (WAF)導入することでシナジーが得られました。

「Fastly 常に私たちの期待に応えてくれます。私たちが彼らに望むことで彼らにできないことはありません」 リックペルティエ 、Senior Security Engineer

トラフィックに対する完全な可視性を提供する Fastly WAF Gannettチームに大きなメリットをもたらしました。Fastly SumoLogic BigQuery とのパートナーシップにより、Gannett開発チームはトラフィックデータをシームレスに可視化し、分析することができます。そして、それらのデータをもとにセキュリティチームは悪意のあるシグネチャを新たに特定し、それらのシグネチャを使用して WAFチューニングを行うことができるため、Gannettプロダクトの安全性をさらに強化できます。

しかし、おそらく最も重要な点は、ユーザーとユーザー情報を保護するためにスクリーンの裏側で何が行われているか、ユーザーはまったく気づくことがないということです。つまり、ユーザーはレイテンシの問題を感じたり、セキュリティ警告を受信することがありません。ユーザーエクスペリエンスに影響を与えないーこれが本来あるべき姿です。

「Fastly エッジで大規模な攻撃を処理し、悪意のあるトラフィックを大幅に緩和してくれると信じて任せることができます。これは私たちにとって非常に大きなメリットです」 Ben Auch
Cybersecurity Director

ニュースの新時代を牽引

デジタルパブリッシングの革新をリードする Gannett は、Fastly 活用することで最新のヘッドラインニュースを瞬時に配信し、ニュース速報に伴うトラフィックの急増にもスケーラブルに対応しています。また、パイプラインを大幅に効率化させ、エンドツーエンドエクスペリエンスの安全性を強化しています。その結果、読者はニュースが発生したまさにその瞬間に必要な情報に安心してアクセスでき、Gannettグローバルとローカルのレベルでニュース業界を牽引し続けることができます。