フォロー&ご登録

Andrew Betts

Head of Developer Relations
7月14日
Swift Cloud のエンジニアである Andrew Barba 氏は先日、Fastly の Compute@Edge プラットフォーム向けに高いパフォーマンスと豊富な機能を備えた Swift SDK をリリースしました。しかも、わずか4日間で初回リリースを構築したそうです。感銘を受けた私たちは Barba…
7月11日
Fastly では、OpenTelemetry に対する期待が高まっています。コアクラウドプロバイダーで実行中のアプリケーションを観測するのと同様に、Fastly のサービスを観測し、エンドユーザーの体験をエンドツーエンドでマッピングすることで全体像を確認できるようにしたいと考えています。VCL サービスは OpenTelemetry…
6月23日
Fastly がお客様から選ばれる理由の1つは、エンドユーザーとの距離が近く、数ミリ秒でリクエストを処理できることにあります。しかしこのことは、Fastly がお客様のシステムの「前面」すなわち「外部」にあるかのように感じる原因にもなり得ます。Fastly…
5月11日
今日のほとんどの Web ページは、ページ本来の場所とは違うオリジンサーバーからリソースを読み込みます。そのため、サイトの読み込み方法が混乱をきたし、厳格な Content-Security-Policy の作成が困難になることがあります。今回の投稿では、Compute@Edge の便利な使い方を紹介します。
3月16日
Fastly でシステムを構築する場合、Developer Hub でかなりの時間を費やす可能性があります。先月、私たちは VCL プラットフォームから Compute@Edge に移行しました。以下に、その移行方法と、そこから学んだことをご紹介します。
2021年12月6日
数週間前、Fastly の競合企業の一つである Cloudflare が、自社のエッジ・コンピューティング・プラットフォームは Compute@Edge と比べて約3倍も高速であると断言しました。この主張は明らかに間違ったものでしたが、事実とは異なる印象を与えるために統計が利用されるリスクについて学ぶ良い機会でもありました。
2021年11月8日
Fastly のお客様はずっと以前から Fiddle ツールを使用して、VCL で記述したエッジロジックのアイディアを試してきました。昨年 Compute@Edge が登場したのに伴い、WebAssembly にコンパイル可能なすべての言語を Fastly のエッジ・コンピューティング・ネットワークで使用できるようになりましたが、この度、Compute@Edge…
2021年5月25日
認証は、エッジコンピューティングの用途の中でも最も有効なユースケースの一つです。できるだけユーザーに近い場所でユーザーをいち早く判別することで、強力なカスタマイズと迅速なレスポンスが可能になります。また、さまざまな方法で認証スキームをエッジで適用することができます。
2021年5月7日
プログラムでコンテンツを作成することは以前から可能でしたが、サーバーレスコンピューティング環境の進歩に伴い、Fastly ではよりパワフル、より効率的なコンテンツの作成・変換方法を開発しました。
2021年4月6日
認証を行った上で、ID データを使用して認可決定を行うという基本的なプロセスは、Web アプリケーションやネイティブアプリケーションの大半に適用されています。これをエッジで行うことで、開発者とエンドユーザーの両方に非常に大きなメリットをもたらします。
2021年1月27日
開発者向けソリューションコンテンツを大幅に見直して、2つの新しいセクションを追加し、人気の高いレシピやソリューションパターンを再編成しました。新しいコードのサンプル、チュートリアル、デモ、スターターキットをご紹介します。
2020年12月23日
これまで Web アプリケーションアーキテクチャは大きな進化を遂げてきましたが、それは一元化され、直接管理されるプラットフォームでコードを実行するという概念に基づいていました。しかし今一度、設計原理を再考し、ネットワークのエッジでアプリケーションを解放すべきです。