フォロー&ご登録

Andrew Betts

Head of Developer Relations
7月14日

Recently Andrew Barba, the engineer behind Swift Cloud, released a highly performant and fully featured Swift SDK for our Compute@Edge platform. And he built the initial release in just four…

7月11日

We're starting to get excited about OpenTelemetry, and want you to be able to observe your Fastly services just like you do with apps running in your core cloud provider — and see the…

6月23日

One of the main reasons you use Fastly is that we are close to your end users, able to respond in a few milliseconds.  But that can also make it feel like Fastly is "outside" your system…

5月11日

今日のほとんどの Web ページは、ページ本来の場所とは違うオリジンサーバーからリソースを読み込みます。そのため、サイトの読み込み方法が混乱をきたし、厳格な Content-Security-Policy作成が困難になることがあります。今回の投稿では、Compute@Edge便利な使い方を紹介します。

3月16日

Fastlyシステムを構築する場合、Developer Hub でかなりの時間を費や可能性があります。先月、私たちは VCL プラットフォームから Compute@Edge移行しました。以下に、その移行方法と、そこから学んだことを紹介します。

12月6日

数週間前Fastly競合企業の一つである Cloudflare が、自社のエッジコンピューティングプラットフォームは Compute@Edge比べて3倍も高速であると断言しました。この主張は明らかに間違ったものでしたが、事実とは異な印象を与えるために統計が利用されるリスクについて学ぶ良い機会でもありました。

11月8日

Fastly客様はずっと以前から Fiddle ツールを使用して、VCL記述したエッジロジックのアイディアを試してきました。昨年 Compute@Edge登場したのに伴い、WebAssemblyコンパイル可能なすべての言語を Fastlyエッジコンピューティングネットワークで使用できるようになりましたが、この度、Compute@Edge

5月25日

認証は、エッジコンピューティングの用途の中でも最も有効なユースケースの一つです。できるだけユーザーに近い場所でユーザーをいち早く判別することで、強力なカスタマイズと迅速なレスポンスが可能になります。また、さまざまな方法で認証スキームをエッジで適用することができます。

5月7日

プログラムでコンテンツを作成することは以前から可能でしたが、サーバーレスコンピューティング環境の進歩に伴い、Fastly ではよりパワフル、より効率的なコンテンツの作成変換方法を開発しました。

4月6日

認証を行った上で、ID データを使用して認可決定を行うという基本的なプロセスは、Web アプリやネイティブアプリの大半に適用されるものです。これをエッジで行うことで、開発者とエンドユーザー両方にとって非常に大きなメリットがあります。

1月27日

開発者向けソリューションコンテンツを大幅に見直して、2つの新しセクションを追加し、人気の高いレシピやソリューションパターンを再編成しました。新しコードのサンプル、チュートリアル、デモ、スターターキットを紹介します。

12月23日

これまで Web アプリケーションアーキテクチャは大きな進化を遂げてきましたが、それは一元化され、直接管理されるプラットフォームでコードを実行するという概念に基づいていました。しかし今一度、設計原理を再考し、ネットワークのエッジでアプリケーションを解放すべきです。