問い合わFastly 無料トライアル

最先端の CDN とエッジファーストの配信による、真に動的なコンテンツの提供

従来の CDN では、コンテンツは静的と動的の2つの基本的なタイプに分類されていました。静的コンテンツは「従来の CDNキャッシュできるもの」と定義され、動的コンテンツは「それ以外のすべて」と定義されました。

長い、この区別はコンテンツそのものより CDN テクノロジーに関係があると信じられてきました。従来の CDN では、明確に定義された寿命の長いコンテンツのみが「静的」とみなされ、キャッシュ可能とされていました。しかし、モダンな CDN は、キャッシュの無効化、リアルタイムメトリックス、エッジ配信といった機能を備え、以前は「動的」とされていたコンテンツがキャッシュできるようになりました。コンテンツが変わったのではなく、テクノロジーが変わったのです。 

現在の課題

現在パーソナライズされたコンテンツ (多くの場合「動的」と定義される)重要性はますます高まっています。実際、Instapage調査では、回答者の74%がパーソナライズされていなサイトには不満を覚えると回答しており、オンラインショッピングの利用が増えているパーソナライゼーションの必要性はかつてないほど高まっています。

しかし、従来の CDN では、このような動的にパーソナライズされた情報 (アカウント情報、ロケーション固有の製品、在庫の変動、ローカライズされた見出しなど)キャッシュすることはできません。つまり、従来の CDN顧客は、オリジンへのトラフィックが多くなるためレスポンス時間に遅延が生じるだけでなく、レスポンスのための出口データコストを含め、インフラストラクチャにかか費用がより高額となるのです。

キャッシュ機能以外にも、従来の CDNキャッシュされたコンテンツをエッジで提供できない理由はいくつかあります。

  • 可視性 : オリジンから提供されるコンテンツはメトリックスで即座に表示されますが、従来の CDN統計情報やロギングは統合が難しく、表示されるまでに数分から数時間かかることがあります。

  • 一貫性 : 整合性を維持して失効済みの結果を回避するためには、ある1つのコンテンツを更新する際に他のコンテンツも一緒にパージする必要があります。例えば、eコマースサイトでは、商品説明を変更する際に写真や SKU共に変更する必要があります。

  • コンテンツの混在 : GraphQLようなキャッシュフレンドリーではなテクノロジーでは、ショッピングカートのような少量のパーソナライズされたコンテンツと、カートアイテムの写真や説明文などの、大量のキャッシュ可能なコンテンツを混在させてしまうことがあります。

解決法

最先端の CDN では、リクエストに応じて変化する真に動的なコンテンツをオリジンではなエッジから配信することができます。より多くのコンテンツをキャッシュするためのストレージプールとしても機能する大容量 POP戦略的に配置し、よりエンドユーザーに近いところでコードを実行できるようにすることで、多くのオリジンリクエストを完全に排除することができます。

モダンな CDN は、キャッシュを即時に削除できるインスタントパージ (一部 CDN ではミリ秒単位で計測) や、選択的にコンテンツをパージする機能 「すべてをパージ」ではなく)備えているため、企業は従来の CDN ではキャッシュできなかった多くのコンテンツをキャッシュすることが可能になります。

さらに最先端の CDN では統計情報とログにリアルタイムでアクセスAPIパフォーマンスをプログラムおよびモニタリングできます。これらのメカニズムはコンテンツ配信における強力な機能であり、パフォーマンスの改善、オリジンのオフロード、全体的なインサイトの提供など、組織のアプリケーションを多面的にサポートします。

エッジでのサーバーレスコンピューティングは、これをさらに進化させるものです。私たちは、コンテンツが静的か動的かにはとらわれず、すべてをエッジで構築し、限定ユースケースのみをオリジンにプッシュするエッジファーストの考え推進しています (これらユースケースの高速化については、今後の記事で詳し説明します)。

今後について

次世代のエッジ配信を見据え、私たち独自のサーバーレスコンピューティング環境である Compute@Edge では、コンテンツのスティッチングが可能です。これにより、キャッシとオリジンからのコンテンツの両方を任意に組み合わせて単一のレスポンスとし、エッジからできるだけ多くのコンテンツを提供しつつ、個々のユーザーに対するレスポンスをパーソナライズできます。Fastlyチーフアーキテクトであるショーンリーチが、Altitude Compute@Edge使用して GraphQL コンテンツなどをスティッチするデモ公開しています。

これは、最新の CDNエッジベースのサーバーレスアーキテクチャが、より動的なコンテンツを提供し、ユーザーエクスペリエンスを向上させる方法のほんの一部に過ぎません。このトピックの詳細と、最新 CDN実用例については、最新 CDN ガイド : 現代の開発者のためのセキュリティをご覧ください

Mark Teodoro
Principal Product Technologist
投稿日
興味がおありですか?
エキスパートへのお問い合わせ
この投稿を共有する
Mark Teodoro
Principal Product Technologist

Mark Fastly Principal Product Technologist としてプロダクト戦略、技術戦略、啓蒙活動に注力しています。