オリジンインスペクターを使用して Fastly の UI からオリジンのトラフィックをモニタリングする (現在、限定的に利用可能)

稼働率を保証し、トラフィックのパターンを分析するには、オリジンの動作を把握することが非常に重要です。オリジンの動作は Fastlyログストリーミング使用することで把握できるようになっていますが、ログを抽出してオリジン固有のメトリクスを取得するには、ユーザーによる抽出、変換、集約、グループ化、可視化が必要です。私たちは、ユーザーに必要とされる重要なインサイトを Fastlyユーザーインターフェイスで直接取得できるようにしたいと考えていました。そして、今回それが実現しました。

オリジンインスペクターは、オリジンサーバーから Fastlyエッジクラウドに配信されたレスポンスに対するリアルタイムおよび過去の可視性をもたらすデータセットおよび可視化機能をユーザーに提供します。現在、この機能を限定的に利用することができます。 

OI-img-1

一元化されたビューですべてのオリジンを確認

オリジンインスペクター使用すると、オリジンのトラフィックをモニタリングできるようになります。サードパーティのコレクターにログデータを送信する必要はありません。「リアルタイム」とはどの程度のことだと思いますか?データは1秒単位で表示されます。過去のデータの集計期間や保持期間は、購入したパッケージによって異なります。 

今回サードパーティのデータコレクターにログデータを送信せずに、オリジンのレスポンス、バイト、ステータスコードなどを容易にモニタリングできるようになりました。また、次のことも実現できます。 

  • きめ細か可視性 : オリジンからエッジまでのレスポンスを可視化することで、オリジンの動作に関する変化をユーザーがリアルタイムで取得対応できるようにします。

  • 簡素化されたデータパイプライン : 複雑なデータパイプラインを設定することなく、Fastly UI 内で配信データをモニタリング監視し、レポートします。

  • パフォーマンスの向上 : リアルタイムデータと過去データの両方にアクセスして、エラーの特定やオリジンのパフォーマンス向上に役立てます。

  • 測定可能な ROI : オリジンのインフラコストおよび配信コストの削減を定量化することで、より多くの情報に基づいたビジネス上の意思決定を可能にします。

OI-img-2

クライアントおよびサーバーのエラーをオリジンごとに簡単に検出

データの可視化によって、オリジンで発生する問題のプロアクティブなモニタリングや迅速な対応が可能になります。また、オリジンへのトラフィックをエンドツーエンドで可視化することができるため、フラッシュセールや大規模なライブストリーミングイベントなどでも、ユーザー体感品質の維持やトラブルシューティングを円滑に行うことができます。さらに、データへのアクセスによって、オリジンシールドなどの Fastly サービスによるオリジンインフラや配信コストの削減率を把握することも可能です

OI-img-3

オリジンの動作に関する異常をピンポイントで特定

利用を開始するには、バックエンドが1つまたは複数の Fastly客様である必要があります。また、オリジンインスペクターは、基本版またはプロフェッショナル版のエッジクラウドパッケージ一部としても利用いただけます。この機能を有効にするには、アカウントマネージャーまたは japan@fastly.com問い合わせくださ

Dom Fee
Product Management、Manager
興味がおありですか?
エキスパートへのお問い合わせ
この投稿を共有する
Dom Fee
Product Management、Manager

Dom Fee 可観測性に関するプロダクトの管理を統括しています。Fastly 入社する前は、2015年に Fastly 買収した ReSRC 共同創設し、レスポンシブな画像サービスのプロダクト開発チームを率いていました。余暇にはヨークシャーの田舎道をサイクリングしたり、子供たちとバスケットを楽しんだり、リーズの新しレストランスポットを開拓したりしています。