フォロー&ご登録

エンジニアリング

9月21日
Fastly の新しい next-compute-js ライブラリを使用することで、Compute@Edge プラットフォーム上で Next.js アプリケーションをホストできるようになりました。これにより、Next.js 開発者のエクスペリエンスが向上し、圧倒的なスピードを誇る Fastly…
6月16日
コンテンツ配信ネットワークは従来、画像最適化やコンテンツフィルタリングなどの独自のアドオンを備え、独自に開発したコアプロダクト上に構築されていました。一方 Fastly は常にそれ以上のものを提供するべく努めてきました。当初より Varnish…
3月16日
Fastly でシステムを構築する場合、Developer Hub でかなりの時間を費やす可能性があります。先月、私たちは VCL プラットフォームから Compute@Edge に移行しました。以下に、その移行方法と、そこから学んだことをご紹介します。
2月28日
この投稿では、現在の可観測性サービスを分析し、DevOps チームと SRE チームが Fastly を使用して異常を調査し、パフォーマンスとアップタイム (稼働時間) を改善して可観測性主導の開発に取り組んでいる事例をご紹介します。
1月31日
このブログ記事では、脆弱性に対する Fastly の対応プロセスと、エンジニアリングチームをご紹介し、QUIC/H2O の脆弱性に対するパッチを2週間以内に公開できた背景についてご説明します。
1月27日
Fastly の新しいオンデマンド型ラーニングセンター「Fastly Academy」では、あらゆるレベルの学習者向けにさまざまなコースをご用意しています。個人のペースと目的に合わせて業務に役立つスキルを習得できる学習環境を提供します。
1月12日
GraphQL の導入には多くのメリットがありますが、それに伴うセキュリティの課題に関してはまだよく知られていません。今回は、GraphQL におけるセキュリティの問題を探るとともに、より安全な導入を可能にするデフォルトやコントロール設定をご紹介します。
1月10日
Fastly CLI は、Fastly Fiddle で作成された Fiddle をテンプレートとして使用する Compute@Edge プロジェクトのブートストラップをサポートするようになりました。これにより、ユーザーは Fastly…
1月5日
Cloud Deploy は、テンプレートのデプロイとカスタマイズによって Compute@Edge 上での構築を開始し、自動化されたデプロイメントワークフローと開発のベストプラクティスを設定するためのウィザードです。
2021年12月15日
オリジンインスペクターは、オリジンサーバーから Fastly のエッジクラウドに配信されたレスポンスに対するリアルタイムおよび過去の可視性をもたらすデータセットおよび可視化機能をユーザーに提供します。現在、この機能を限定的に利用することができます。
2021年12月10日
CVE-2021-44228 は、Apache Log4j ライブラリに存在するリモートコード実行 (RCE) の脆弱性であり、これを利用した悪用が拡大しています。Fastly では、この悪用に関する見解と、その影響についてまとめました。
2021年12月9日
Web のインフラストラクチャとその上に構築されるアプリケーションは、今と未来のエンドユーザーの絶え間なく変化するニーズに応えるため、常に進化し続ける必要があります。この記事では、今後30年間に開発者が Web の進化を推進するのに役立つ5つの教訓をまとめました。