フォロー&ご登録

プロダクト

6月28日
Compute@Edge が馴染みのあるフレームワークと同様の方法で使用できるようになりました。Fastly は先日、Compute@Edge 上で動作する JavaScript アプリケーション用の軽量でシンプルなルーティングレイヤー、expressly をリリースしました。これは、広く普及している Node.js のフレームワーク、Express…
6月16日
コンテンツ配信ネットワークは従来、画像最適化やコンテンツフィルタリングなどの独自のアドオンを備え、独自に開発したコアプロダクト上に構築されていました。一方 Fastly は常にそれ以上のものを提供するべく努めてきました。当初より Varnish…
5月31日
お役所仕事的なプロセスから連鎖的な依存関係への対応まで、サーバーへのパッチ適用は業界において長年悩みの種でした。そこで WAF ベースの仮想パッチを導入しました。
5月11日
今日のほとんどの Web ページは、ページ本来の場所とは違うオリジンサーバーからリソースを読み込みます。そのため、サイトの読み込み方法が混乱をきたし、厳格な Content-Security-Policy の作成が困難になることがあります。今回の投稿では、Compute@Edge の便利な使い方を紹介します。
4月6日
この度 Compute@Edge に改良を加え、JavaScript ランタイムのパフォーマンスが大幅に改善されたほか、同プラットフォームの全体的な開発エクスペリエンスが向上しました。
3月23日
この度、Fastly は5段階中、平均4.9ポイントの高い評価をいただき、Gartner Peer Insights™「Voice of the Customer」の Web アプリケーション & API 保護部門で「カスタマーズチョイス」に4年連続で選出されるという業界初の快挙を達成しました。
2月28日
この投稿では、現在の可観測性サービスを分析し、DevOps チームと SRE チームが Fastly を使用して異常を調査し、パフォーマンスとアップタイム (稼働時間) を改善して可観測性主導の開発に取り組んでいる事例をご紹介します。
1月28日
ドメインインスペクターを利用して、ドメインレベルのトラフィックとパフォーマンスに関するリアルタイムのデータと履歴データを確認できます。
1月27日
Fastly の新しいオンデマンド型ラーニングセンター「Fastly Academy」では、あらゆるレベルの学習者向けにさまざまなコースをご用意しています。個人のペースと目的に合わせて業務に役立つスキルを習得できる学習環境を提供します。
2021年12月15日
オリジンインスペクターは、オリジンサーバーから Fastly のエッジクラウドに配信されたレスポンスに対するリアルタイムおよび過去の可視性をもたらすデータセットおよび可視化機能をユーザーに提供します。現在、この機能を限定的に利用することができます。
2021年11月8日
Fastly のお客様はずっと以前から Fiddle ツールを使用して、VCL で記述したエッジロジックのアイディアを試してきました。昨年 Compute@Edge が登場したのに伴い、WebAssembly にコンパイル可能なすべての言語を Fastly のエッジ・コンピューティング・ネットワークで使用できるようになりましたが、この度、Compute@Edge…
2021年10月27日
他のサーバーレスソリューションの100倍の実行速度に加え、比類のない分離技術によるセキュリティで知られる Compute@Edge が、このたび「The Forrester New Wave: Edge Development Platforms」レポートで「リーダー」に選出されました。