フォロー&ご登録

プロダクト

2023年4月20日
Fastly は、お客様が実行時に容認するターゲットのリストを更新し、それらに接続する柔軟性の高いメカニズムを提供する Dynamic Backends を発表しました。
2023年3月15日
プライバシーの保護を目的とする Fastly の最新プロダクト「Fastly OHTTP リレー」のベータ版が、一部のパートナーの皆様を対象に公開されました。
2023年2月21日
「Certainly」は、Fastly が設立したトランスポート・レイヤー・セキュリティ (TLS) のパブリック認証局 (CA) です。
2023年2月16日
攻撃を受けている間は、1秒たりとも無駄にできません。Fastly マネージドセキュリティサービスを活用するお客様は、Web アプリケーションと API を効果的に保護しながら、コアコンピテンスの強化や戦略的イニシアチブ、ビジネスに大きなインパクトをもたらすプロジェクトに専念できるようになります。
2023年2月14日
Config Store は、低レイテンシを実現するキー/値のデータストアです。この機能により、エッジで設定データを簡単に保存し、アプリケーションのエクスペリエンスを高速化できます。
2023年1月31日
Fastly の Fanout が 限定公開 (LA) されました。Fanout は Fastly のインフラストラクチャに構築された Pub/Sub 方式のメッセージバスで、エッジメッセージング領域で動作します。
2023年1月25日
Fastly 自動化トークンが一般公開されました。この認証トークンにより、人間以外のクライアントが Fastly API 経由で必要な動作を行うことが可能になります。
2022年12月1日
Google の BigQuery や Cloud Storage、Pub/Sub とのログ機能統合向けに、シークレット不要の IAM (Identity Access Management) 認証を一般公開 (GA) しました。
2022年11月29日
Fastly CLI は、エンジニアが通常コードベースやコマンドラインで作業する開発やデバッグに大変便利なツールです。しかし、ブラウザで可観測性のメトリクスやダッシュボードを確認する場合に、使いづらさを感じることもあります。Fastly が新たに開発した C@E Log-Tailing UI は、こうした問題を解決してくれます。
2022年10月13日
ユーザーエクスペリエンスからドキュメント、専任のリサーチチームまで、Fastly はお客様へ質の高いサポートを提供することに注力しています。
2022年10月10日
Fastly のステータスページがリニューアルされ、機能が強化されました。新しいステータスページでは、より多くのプロダクトに関する情報が得られるほか、カスタマービューやアラートのサブスクリプション、通知機能をより詳細に設定できるようになりました。
2022年10月4日
Log4Shell 攻撃を検出して緩和できる新しい LOG4J-JNDI 攻撃シグナルの一般公開版をリリースしました。

Fastly試してみませんか ?

アカウントを作成してすぐにご利用いただけます。また、いつでもお気軽にお問い合わせください。