フォロー&ご登録

コンピューティング

2023年7月6日
オリジンの状態の可視性を向上させる Fastly のターンキー型プロダクトであるオリジンインスペクターが、Compute を利用するお客様にお使いいただけるようになりました。
2023年4月28日
Web や API のエンドポイントを保護しようとする際に組織が直面する主な問題として、セキュリティソリューションの複雑さや管理の難しさと、デプロイに時間と手間がかかるという2つが挙げられます。
2023年4月20日
Fastly は、お客様が実行時に容認するターゲットのリストを更新し、それらに接続する柔軟性の高いメカニズムを提供する Dynamic Backends を発表しました。
2023年2月9日
オープンソースと標準化にコミットしている私たちにとって、Fediverse が今後数か月でどのように発展していくのか非常に楽しみです。このブログ記事では、Fediverse の仕組みと、Fastly がそれをどのようにサポートしているかをご紹介します。
2023年1月31日
Fastly の Fanout が 限定公開 (LA) されました。Fanout は Fastly のインフラストラクチャに構築された Pub/Sub 方式のメッセージバスで、エッジメッセージング領域で動作します。
2022年12月12日
Next-Gen WAF のシグナルを使用して、既知の攻撃者を特定し、レスポンスを追跡する方法を学びましょう。また、セキュリティ判断を Fastly のエッジで実行することで、カスタムレスポンスコードを使用したダウンストリームのシステムの保護を強化する方法についても見ていきます。
2022年12月6日
長く待ち望まれていた、Fastly の画像最適化サービスのセルフサービス機能が公開されました。こちらのサービスを利用すると、ユーザーは各 Fastly サービスの設定機能で画像最適化を手動で有効化または無効化できるようになります。このようなサポートを、世界最速のエッジネットワークで提供できることを大変嬉しく思います。
2022年11月29日
Fastly CLI は、エンジニアが通常コードベースやコマンドラインで作業する開発やデバッグに大変便利なツールです。しかし、ブラウザで可観測性のメトリクスやダッシュボードを確認する場合に、使いづらさを感じることもあります。Fastly が新たに開発した C@E Log-Tailing UI は、こうした問題を解決してくれます。
2022年10月18日
Fastly を利用すると、エッジから静的サイトを簡単に配信できることをご存知でしたか? このブログ記事では、Fastly の Computeで Gatsby のサイトを無料で2分以内に公開する方法をご説明します。
2022年9月21日
Fastly の新しい next-compute-js ライブラリを使用することで、Compute@Edge プラットフォーム上で Next.js アプリケーションをホストできるようになりました。これにより、Next.js 開発者のエクスペリエンスが向上し、圧倒的なスピードを誇る Fastly…
2022年7月21日
Fastly 初の Compute 向け OpenTelemetry ライブラリが利用可能になりました。これにより、Compute アプリケーションで仕様に準拠したトレースを生成し、パフォーマンスとリソースに関するより詳細なインサイトが得られます。このブログ記事では、この機能をエッジアプリケーションに簡単に追加する方法をご紹介します。
2022年7月14日
Swift Cloud のエンジニアである Andrew Barba 氏は先日、Fastly の Compute プラットフォーム向けに高いパフォーマンスと豊富な機能を備えた Swift SDK をリリースしました。しかも、わずか4日間で初回リリースを構築したそうです。感銘を受けた私たちは Barba 氏と対談し、彼の目標やプロジェクトの構築プロセスについてお話を伺いました。

Fastly試してみませんか ?

アカウントを作成してすぐにご利用いただけます。また、いつでもお気軽にお問い合わせください。