問い合わFastly 無料トライアル

Fastly エッジクラウドプラットフォーム

高速か安全でスケーラブル

Fastlyコンテンツを高速か安全に配信し、Web サイトやアプリケーション、サービスをスケールアップしてエンドユーザーのニーズに応えることができます。

パフォーマンスとセキュリティを念頭に設計された Fastlyエッジクラウドプラットフォームは、シームレスにスケールアップしてお客様のビジネスの成長をサポートします。最先端のテクノロジーを駆使し、セキュリティがビルトインされた Fastlyネットワークなら、コンテンツを高速か安心して配信することが可能なため、競争力を強化できます。

Fastly分散型エッジネットワークを活用することで、ユーザー数やトランザクションが増加したり、ビジネスが地理的に拡大した場合でも、インフラストラクチャのスケールアップが不要になるため、ビジネス成長の可能性を解放できます

確かな実績のあるパフォーマンス

Fastlyパワフルなエッジネットワークは、最先端のインターネットアーキテクチャを駆使し、高速か信頼性の高いエクスペリエンスと優れたスケーラビリティを約束します。

198 Tbps

エッジネットワーク容量1

150 ミリ

平均パージ時間2

> 85 %

キャッシュヒット3

1.4

1日あたりのリクエスト処理4

2022年3月31日

20191231日現在

2019331日現在

202211日現在

分散型エッジネットワーク

Fastly プラットフォームで構築する場合でも、ユーザーが求めるコンテンツを配信する場合でも、最先端の Fastly ネットワークは市場における優位性を得るのに必要なスピードとパフォーマンスを提供し、競争力を高めます。

最先端の POP 設計

少数ながらパワフルな POP主要クラウドプロバイダーの近くに戦略的に配置され、世界各地のインターネットエクスチェンジポイントとピアリングされている Fastlyネットワークでは、ユーザーに限りなく近い場所からコンテンツを配信し、他社に勝る優れたユーザーエクスペリエンスを提供できます。

ソフトウェア定義型

Fastlyソフトウェア定義型ネットワークはルーティングとロードバランスの機能がビルトインされているので、Webモバイルアプリのパフォーマンスと応答性を強化できます。インターネットトラフィックの込み具合やコンテンツタイプを考慮しながらリアルタイムで最適なルーティングを判断し、最高のユーザーエクスペリエンスを保証します。

最新のプロトコル

HTTP/3 QUIC最新のプロトコルをサポートする Fastlyネットワークは、Webレイテンシや遅延を減らし、より優れたデジタルエクスペリエンスをエンドユーザーに提供します。

  • 「Fastlyインフラストラクチャについての認識を変えてくれました。Fastly 1stdibsスタックの延長として機能するため、ログストリーミングや設定の即時変更など、他の CDN には無いメリットがあります」
    Ross Paul
    CTO
  • 「Fastlyエッジサーバーの規模と戦略的配置により、以前のプロバイダーと比較してサイトの速度が確実に向上しました。Deliveroo JavaScript多用しているので、ページの読み込み時間のわずかな改善がエンドユーザーのエクスペリエンスに非常に大きな違いをもたらします」
    Martin Phee
    Senior Software Engineer
  • 「Fastly採用する前は、レイテンシの問題や膨大なコストに悩まされていました。Fastly期待通りの成果をもたらし、私たちのビジネスモデルにマッチする包括的なソリューションを提供してくれます。これは他のベンダーにはできないことでした」
    Patricio "Pato" Echagüe
    Chief Technology Officer 兼共同設立者

ビルトインセキュリティ

Fastlyエッジクラウドプラットフォームは、パフォーマンスに加え、セキュリティを念頭に構築されています。

トラフィックの高速検査

パワフルなコンピューティング能力により、SSL トラフィックも含め、Fastly POP通過するネットワークデータパケットを検査し、DDoS 攻撃やボット攻撃のモニタリングや、悪意のあるコードの迅速な特定が可能です。柔軟な設定で完全にコントロール可能な Fastlyネットワークでは、不正なトラフィックをルーティングまたはブラックホール化して瞬時にエンドユーザーを脅威から保護できます。

脅威をモニタリング

すべてのトラフィックが Fastly POP通過するため、インターネット上の膨大な量のアクティビティに対する可視性が得られます。悪意のある動作や異常なアクティビティをまず特定してセキュリティリサーチチームがこれらを調査し、モニタリングまたはブロックできるよう新しパターンを作成します。

DevSecOps

セキュリティは後付けされるものではなく、ソフトウェアまたはアプリケーションのデリバリーライフサイクルの中核を成すものであると Fastly考えます。Fastlyセキュリティソリューションでは、脅威や脆弱性のリアルタイムの可視化や瞬時のポリシー変更に加え、DevOpsセキュリティ関連のツールチェーンとの統合が可能なため、データの共有や相関性を高めることができます。これにより、ソフトウェアチームはセキュリティを DevSecOpsライフサイクルに統合することが可能になります。

  • 「デフォルト設定で使用を開始でき、全体的な可視性と、不正なトラフィックがリソースを消費するのを防ぐという点で、すぐに効果が見られました」
    Corey Mahan
    Director of Security
  • 「Fastly次世代 WAF は、膨大な量のデータの中から問題を迅速に検出して確認できるだけでなく、当社の ChatOps ツールすべてと統合できるパワフルなソリューションです。セキュリティの専門家でなくても、何が起こっているのか把握できます」
    Ben Rockwood
    Director of Engineering
  • 「Fastly DDoS 対策機能のおかげで、さまざまなセキュリティ脅威から守られながら迅速にスケールアップすることができます」
    Tom Hayman
    Head of Platform Engineering

業界をリードするサーバーレスコンピューティング環境で、使い慣れた言語を使用して構築テストしながら、信頼性と安全性を強化できます。ご利用のプラットフォームやインフラストラクチャ、DevOps エンジニアリングの可能性が広がります

サーバーレスコンピューティング環境

ドメイン特有の言語の仕様に関する知識や、基盤となるインフラストラクチャの管理を必要とせず、より複雑なロジックを構築できるため、サービスの設定に対するコントロールを強化することができます。

プログラム可能なエッジ

デプロイ作業やスケーラビリティを気にすることなくコードや設定をより迅速にプッシュし、インフラストラクチャのイノベーションを加速させながらサービスを最適化できるため、競争力の強化や新しプロダクトの開発が可能になります。

多言語サポート

開発者が新し言語を一から学んだり、特定の言語に精通している開発者を新たに採用するのはコストがかります。Fastly業界で唯一、多言語をサポートするプラットフォームを提供しています。  

グローバルに分散

Fastlyフリートでは、サーバーで1秒につき何千ものプロセスを実行し、世界全体で1秒につき何百万ものリクエストを処理することが可能です。簡単にグローバル規模で自動的にスケールアップできるだけでなく、ロジックをユーザーのより近くで実行することで、さらに高速かパーソナライズされたエクスペリエンスを実現できます。 

瞬時の可観測性

Fastly分散型ランタイム環境でコードのパフォーマンスを瞬時に確認し、潜在的なボトルネックを迅速に特定できます。Fastly では、ネットワークパフォーマンスに関する膨大な量のデータを取得し、ほぼリアルタイムでこれらのデータを処理することが可能です。

安全性の高いテスト

潜在的な影響を心配したり、インフラストラクチャを最適化する方法を模索する必要なく、より迅速にコードをプッシュできます。WebAssembly (WASM)使用して構築された Fastlyサーバーレスコンピューティング環境は、信頼性において業界をリードしています。複数のアプリのロジックを同時に実行することによって、脆弱性がもたらされる場合があります。この問題に対応するため、リクエストが Fastlyプラットフォームを通過する際、リクエストを作成し、破棄する安全なサンドボックス環境を構築しました。

Photo of man using a computer sitting on a hill overlooking a city at sunset.
  • 「Fastly一番気に入っているのは、確実に機能する点です。まさに信頼できるインフラストラクチャです」
    Jonathan Nolen
    Senior Vice President of Engineering and Product
  • 「Fastly導入では、恐らくこれまでで最速のインフラストラクチャのオンボーディングを体験しました。『Fastly検討しよう』と社内で話し合ってから3週間も経たないうちに Compute@Edge本番環境でフル活用することができました」
    Jake Loveless
    CEO